教育 スポーツ

ビル

スポーツ教育の注意点とは

小さい子にスポーツをさせるというのはとても良いことです。
運動神経は小さい頃に鍛えやすいためです。
どんな競技でも構いません、運動をさせて運動神経を鍛えてあげましょう。
ただし、スポーツ教育には注意点があります。
それは筋トレです。
どんな競技でも、その競技のためのトレーニングのみでなく筋トレが行われます。
速く走る、遠くまで投げる、高く跳ぶ、どれをとっても筋肉がないと話になりません。
しかし、子供の頃から筋トレを行ってはいけません。
子供はこれから成長していきます。
骨はどんどん伸びていくのです。
そんな中、骨の周りにある筋肉が、硬く鍛え上げられてしまっていたらどうでしょうか。
骨の成長が阻害され、大きくなりにくくなってしまいます。
ある程度成長するまでは、筋トレをする必要はありません。
むしろ控えめにしておくべきであると言えるでしょう。
小さい頃のスポーツ教育は、技術面や反射神経などを鍛えるメニューを中心にしておくようにしましょう。

ホームページのヒアリングから公開までを1ヶ月で

東京の自動車学校で最短免許取得

実技からソルフェージュまでしっかり対応

少人数で最大限の力が活かせる

留年しないための歯学部生専門塾

教育 スポーツに関するページ一覧

スポーツ教育はどう始めるか

早期教育が流行っている現在、我が子には勉強面だけでなくスポーツもできる子になってほしいと親なら一度は

向上心を持つためにスポーツは良い

教育の一環としてスポーツをさせることは、向上心を身に着けていくためには良い方法となることがあります。

教育とスポーツの関連性

私は教育とスポーツはこれから先大事なキーワードになると思っています。
何故そう思うのかというと

スポーツを通じての教育は子供を成長させます

中学生や高校生が部活などを通じてスポーツに親しむことはとても大事です。
スポーツで様々なことを